工学部OPAC

ようこそ  ゲスト さん

<図書>

ゲ-テ トノ カイコウ : ボツゴ 150ネン キネン キカク ロンブンシュウ

ゲ-テとの邂逅 : 没後150年記念企画論文集 / 半田恭雄[ほか]執筆

データ種別 図書
出版者 東京 : 三修社
出版年 1984.7
本文言語 日本語
大きさ 408p ; 22cm

所蔵情報を非表示

配架場所 巻 次 請求記号 資料番号 状 態 資料区分 コメント ISBN 刷 年 利用注記
2F 書庫B
940.26||G56H JA0605042 一般図書(日本語) - 図書
438404724X 1984.7

書誌詳細を非表示

一般注記 内容:論文編 「読書」とゲ-テーゲ-テはどのような読者だったかをあとづける作業の端緒として 半田恭雄著. ゲ-テの『イフィゲ-ニエ』成立の基盤 井口正臣著.ゲーテとシラ-ーシラ-の「エグモントについて」をめぐって 松山雄三著. ゲ-テの芸術論の視座 森淑仁著. 偶然への対処ー「ヴィルヘルム・マイスタ-の修業時代」におけるフリ-ドリヒについて 長沼敏夫著.グリム兄弟とゲーテ 佐々木克夫著. 「さすらい人の嵐の歌」における近代性について 佐竹正一著. 「イフィゲ-ニエ」ー救済の問題について 清水純夫著. 翻訳編 組織されてゆく読者たちー十八、九世紀のドイツにおける読書サ-クルの流行 R.エンゲルジング著 半田恭雄抄訳.
シラ-追想講演 J.グリム著 佐々木克夫訳. 『若いヴェ-ルタ-の悩み』 J.ミュラ-著 清水純夫訳. 『ヴィルヘルム・マイスタ-の修業時代』における喜劇的なるもの H.ライス著 長沼敏夫訳.ゲ-テとシラ-の実りの多い誤解 E.シュタイガ-著 松山雄三訳. 文学における象徴(一九三九年ベルン大学において行なわれた学術講演) F.シュトリヒ著 井口正臣訳. ゲ-テの形而上学 F.ヴァインハンドル著 森淑仁抄訳.ゲーテ関係年表(ゲーテ年譜・研究書誌年表),ゲ-テ著作集、全集一覧・邦訳ゲ-テ全集:p372~394
著者標目 半田, 恭雄 〔ほか〕執筆 <ハンダ, ヤスオ>
件 名 NDLSH:Goethe, Johann Wolfgang von(1749~1832)
分 類 NDC8:940.28
NDLC:KS350
書誌ID 1000007927
ISBN 438404724X
NCID BN00286463 WCLINK
巻冊次 ISBN:438404724X ; PRICE:6000円

ページトップ